分岐サドル

当社は昭和32年(1957年)可鍛鋳鉄製の分岐サドルを開発し、昭和56年(1981年)に社団法人日本水道協会検査工場 第Q-91号の取得を得て以来全国各地で愛され今日に至っております。
製品名は開発当時より可鍛鋳鉄製OS式分岐サドルの名称で親しまれ、現在はダクタイル鋳鉄製分岐サドルと変化して参りました。
一般的には工業・農業用水や工場内配管で使用され、日本水道協会規格型では飲料水や上水場でもご使用されております。

使用基準

1.用途
  • 上水道・工業用水道等の配管
  • 給水タンク・クーリングタワー等の機器及び配管
  • 空調ドレン配管
  • 工場内エアー配管
  • その他一般的な水道配管

※一般品と日本水道協会規格品とは使用用途が異なります

2.適用管種
  • 配管用炭素鋼鋼管(JIS G 3452)
  • 水道用亜鉛めっき鋼管(JIS G 3442)
  • 水道用ポリエチレン粉体ライニング鋼管
    (日本水道協会規格 JWWA K 132)
  • 水道用硬質塩化ビニルライニング鋼管
    (日本水道協会規格 JWWA K 116)
  • 排水用ノンタールエポキシ塗装鋼管(WSP 032)
  • 排水用硬質塩化ビニルライニング鋼管(WSP 042)
  • 硬質塩化ビニル管(JWWA K 6741)

詳細はカタログへ