顧客とともに繁栄する
技術革新により価値を創造する
仕事を通じ信頼の輪を広げる
ライフラインで社会に貢献する

かけがえのない「水」

命の源『水』。人々の暮らしには欠かせない資源の一つです。何千年もの昔から人間は水を汲み、運ぶためにさまざまな努力をくりかえしてきました。後に水道管が発明され、人々のくらしに便利さ、快適さをもたらし、水道事業は社会発展の基礎となっています。パイプをつなぐ私達の仕事が小さいながら生命の共存の源として社会の発展につながり、生活文化の向上に役立つことを願い東亜は新しい時代にふさわしい商品を提供することに努力しております。

大切な資源をつなぐ東亜の技術

東亜はこの『水』の総合継手メーカーとして大正7年に創立。創業以来、常に継手メーカーの先駆者としての地位を維持してきました。開発から製造までを一貫して行い、そのプロセスにおいては、より優れたもの、より高度なものの採用につとめ、商品の品質には万全を期しております。東亜がマスターする技術は幅広く、奥行きが広い。それは大切な資源である『水』をつなぐ商品の製造に対して、決して妥協を許さない堅い信念と熱意があるからです。

可能性へさらなる挑戦

良い商品を届けるためには、高度な技術が必要とされています。東亜は、これまでに研究開発型企業として新時代の多様なニーズに対応した商品を開発できる高度な技術とノウハウを持った技術集団を要請し続けています。

魅力ある個性づくり

会社が発展するためには、バランスのとれた豊かな人間性と確かな技術をもった人材が必要です。東亜は、それぞれの技術分野での高度な知識技術を身につけるとともに、人間形成にも力を注いでいます。そのため社員と社員、あるいは会社と会社のつながりはきわめて強いものがあります。向学心のある若手社員には技術習得のため、勉学の道も開かれています。